自分にあった量のお酒を飲むと熟睡できる

眠れないということは、とても辛いことです。それはいきなり、日中にぼんやりしてしまうからです。すると、いつもだったら仕事などで失敗しないことでもしてしまうこともありますね。

そんなことになると、またそのことを考えて眠れなくなることもあります。そのため、熟睡できるということはとても大切なことです。

この私も仕事で失敗をした時等、その事について寝る時に考えてしまい眠れないことがありました。

それは、誰でもあることと思います。順調な時もあればそうでないこともあるのです。その時、眠れない日々が続くと、また失敗をすることになるのでできるだけ早めによく眠れる手段を考えることが大切です。

そしてよく効果があったと思えることとして、お酒を飲むことがあります。

これは、自分がどれだけ飲むとここち良く眠ることができるのか知ることが大切なのです。それは、なんといっても飲み過ぎは逆効果と思うからです。

飲み過ぎると、とんでもない時間に目が覚めることがあります。そのため、自分の適量を知ることが重要です。

私の場合は、お酒を飲み始めて眠たくなったと思った時が一番と感じます。その時に、だらだらとその後も飲んでしまうと結局寝ることができません。それは、なんといっても眠たいと思った時に寝ることが大事なのです。

そのため、飲むのはだいたい夕食後などがいいですね。夕食後に飲んで、22時頃に寝るのが一番の理想です。すると、ぐっすりと朝の6時頃まで寝ることができます。

お酒は、少量なら体に良いと言われています。それは、なんといってもリラックスできるということではないでしょうか。リラックスできるのは、体の筋肉をほぐしてくれるということなのです。

お酒を飲むことにより、リラックス感がまして眠気がくるのです。そのチャンスを見逃さないようにしましょう。すると、とても気分良く寝ることができます。

気分良く寝ることができると、朝の目覚めも良いのでその点でも楽です。

 

標準